イメージ画像

派遣薬剤師として働くには

結婚して一旦薬剤師の仕事を辞めて、家庭に入る女性の中でも
薬剤師資格を持っている人は将来に備えて仕事をしたいと考えている
でしょう。

そういった人たちが、検討するワークスタイルのひとつに<派遣>が
あります。

ここでは、紹介予定派遣というシステムで働く薬剤師について
ご説明いたします。

ブランクもあるし正社員よりも、まず派遣で働きたいという気持ちは
理解できます。薬剤師は派遣の中でも高い給料をいただける職種です。

派遣というのは、雇用が安定しないから不安があるという人もいるの
ですが、結婚をしてご主人の仕事が安定しておれば、さほどの心配も
ないわけです。

そして、薬剤師の派遣の仕事は原則的に<紹介予定派遣>という働き方です。
予定派遣というのは、その職場で派遣社員として仕事をしてみて、
よければ正社員になれるし人間関係などが良くなければ辞められると
いう好都合なシステムなのです。

派遣先に直接雇用されることが前提となります。
一定期間派遣スタッフとして就業して、派遣の期間が終了する時に企業と
本人が合意した場合にのみ正社員として採用されるわけで、
派遣期間は最大で6カ月平均3カ月程度です。

最大のメリットは、自分にあった会社で働きたい人や良い人材を採用したい
会社にとり、事前に両者が相互に見極められることができる点です。

入社する前に実際の仕事内容・企業の環境・雰囲気を体験できますから、
入社した後になって待遇や条件が違っていたとか自分には合わないとか
スキルが生かせないなどのギャップを最小限にできます。

会社側は面接だけでは判断できにくい性格面や人柄・勤務態度をチェック
できるので採用のミスマッチを減らせますし、安定した雇用が確保できる
わけです。

こういった条件の良い働き方があるので、紹介予定派遣での仕事はしやすい
と思います。正社員にならなくても良い人でも、薬剤師は紹介予定派遣しかない
のがネックかもしれません。

以上、紹介予定派遣というシステムで働く薬剤師についてご説明いたしました。
派遣でも時給2000円以上になるような条件もあるようですから、
きっちり稼げます。

このページの先頭へ