イメージ画像

薬剤師として転職したいあなたに

薬剤師としての転職を考えた場合に、決め手となるのはやはり自己PRです。
薬剤師としての自分に何を見据えるのか、しっかりと吟味を重ねましょう。

どのような職場環境を望んでいるのか、どう働いていきたいのか、
薬剤師としての自分の理想像はどんな姿か、なぜ薬剤師として働きたいのか、
そのようなことを考えつめていくと、だんだんと自分のぼんやりとした
理想が形をなしてくるのです。

薬剤師は、医師や看護師と同じように、絶えず募集がある職業でもあります。
だからといって、誰でも取ってもらえるというわけではありませんし、
敷居が低いというわけでもありません。

明確なイメージがないと、募集側からしても、疑問視を持たざるをえないのです。
だからこそ、自分のイメージや理想は、明確にしておくべきでしょう。
経験があり、スキルがあるなら尚更、こう動ける、こうできる、といったこと
をアピールしていく必要があります。

薬剤師は、医師や看護師ほど、現場に立つ職業ではありませんが、
サポートとしては、かなりの力を持っています。
調剤薬局に勤めるにせよ、病院に勤めるにせよ、薬を扱うプロフェッショナル
の立場となることは変わりません。

そのプロ意識を持った人が多く居る中で、いかに自分のスキルや持てる力を
光らせていくか、が大切に成ります。

その企業や職場の何を魅力的と感じたのか、どのようなスキルを持って
いるのか、全てプラスに見せるような気持ちで、臨みましょう。

今まで調剤薬局勤務だけど、企業の開発部門に惹かれて、転職を希望する
場合もあるでしょう。こんなとき、企業のノウハウがわからないからと、
不安を抱える必要はありません。

今までどんな経歴があって、何故この職場に、何故この企業に惹かれたのか、
何を目的としているのかをはっきりと告げれば、募集側もその思いを汲み
取ってくれます。

今までの経験が自分をどのように作り上げてきたのかなどを説明できれば、
もっと良いでしょう。転職を希望するなら、是非自分の望む場所を目指してください。

このページの先頭へ