イメージ画像

病院薬剤師の大切な仕事:チーム医療について

チーム医療は各専門職が相互の領域を尊重し連携して患者様を中心とした 医療を実現しようとする医療体制のひとつです。 医療技術の高度化・複雑化、医学の進歩により各分野では高度な知識や スキルを持つスタッフが必要となりました。

現代医療ではいろいろな形でのチーム医療体制がとられており 「現代医療の主流」になっています。 ここでは、病院薬剤師の大切な仕事:チーム医療について説明いたします。

チーム医療では、医療行為は医師・薬は薬剤師・看護ケアは看護師・
医療機器は臨床工学士・リハビリは理学療法士と各部門のスペシャリストが
専門性を発揮し、患者様をいろいろな角度からサポートします。

医師ひとりの負担を軽くし安全で最適な医療が提供できるようになります。
単に病気を治療するのではなく、患者様のQOL(クオリティーオブライフの
略:生活の質)を維持して向上するという側面においてもチーム医療は
注目を浴びています。

複数の医療専門識者がひとつのチームを組み、緊密に連携しながら治療・
ケアをおこないます。

「ペインコントロールチーム」は、病院薬剤師が関わるチーム医療のひとつです。
がん治療・緩和ケアのひとつにペインコントロールがあります。

がんの痛みは耐えがたく、どうしようもないほどの激痛と言われています。
その痛みは時に人格を変えてしまうケースもあり、その人らしく生きる
希望を失わせてしまうことになります。

痛みを緩和するためにモルヒネなどを使いケアをしますが、チームの中で
薬剤師は患者様の痛みの程度をカウンセリングして、鎮痛剤の使い方の
服薬指導を行うとても大切な役割を担います。

体力消耗が激しい患者様や重篤な症状の患者様、口から栄養摂取できない
患者様に対し「栄養サポートチーム」においても、薬剤師は患者様の栄養・
薬になる製剤を無菌調整して状態に応じて処方内容を検討します。

以上、病院薬剤師の大切な仕事:チーム医療について説明いたしました。
チーム医療はそれぞれの部門のスペシャリストが高い専門性とスキルを
持つことが要求されます。

それと同時にチームを効率よく機能させるにはスタッフ間の
コミュニケーションが不可欠です。相互の職域を尊重する柔軟な思考・
コミュニケーション能力を持つ優れた人間性も必要なんです。病院薬剤師としてチーム医療に携わりたい方は、以下の薬剤師転職支援サイトが参考になります。
薬剤師の転職サイト、おすすめ人気ランキング!

このページの先頭へ