イメージ画像

病院薬剤師の服薬指導業務の実際について

病院薬剤師の仕事は、医師の処方箋により薬を作る<調剤>、効果・飲み方・ 注意点を説明する<服薬指導>、在庫や供給の<医薬品管理>、 医薬品の品質試験や有効成分を使いやすいように調整する<製剤>や院内感染対策、 医薬品の事故防止や「薬物療法」に関する医師のアドバイスなど多岐にわたります。

中でも病院薬剤師の業務として特に比重が高くなってきているのが服薬指導業務です。
ここでは、病院薬剤師の服薬指導業務の実際についてご説明しましょう。

注射や投薬などの薬の効果の説明、薬の飲み方のサポート、副作用を含めた
注意点などを分かりやすいように患者様に理解をしてもらいます。
薬について十分な説明をすることによって、患者様の薬に対している不安感を
解消して治療への参加意識を高めます。

薬が安全で適切に服用されることによって、薬の効果が最大限に発揮される
ようにします。

こういった中で、患者様からの薬への質問や疑問に答える「お薬相談」を含めて、
患者様との密接なコミュニケーションをもつことによって一緒に力を合わせて
病気を治療していく姿勢が求められているのです。

検査数値やカルテから理論的に病態を把握し、より一層効果的な薬物療法も
考えていかなければなりません。患者様が処方箋に沿って薬を飲んでくれない
場合は錠剤を粉薬にしたりして、薬が飲みやすくなる方法を考えて工夫します。

食事を摂取できない患者様に経口栄養食で調整するのも病院薬剤師の担当範囲です。
高齢者の患者様の場合は、見えにくかったり聞こえにくかったりしたり、
認知症を患っている場合は服薬指導が正しく理解されない場面にも遭遇します

そういったことを配慮しながら適切な服薬指導をして、ケース・バイ・ケースで
ご家族や介護担当者に服薬指導する場合もあります。
指導という意味合いよりも、服薬の支援とかサポートという感じですね。

以上、病院薬剤師の服薬指導業務の実際についてご説明しました。
薬が正しく安全に服用されないと治療への効果が得られませんし、予想もして
いない事故になるリスクもあります。

薬は口・食道・胃・十二指腸・小腸を経て体内に吸収されます。
その後、血液や臓器に取り込まれて薬効を発揮して肝臓で代謝をし腎臓から
排泄されます。

こういったプロセスのどこかの段階で薬が他の薬や食品・アルコール・サプリメント
と接触した場合に、薬の効果が低下したり吸収が悪くなるなどのリスクがあります。

薬の相互作用を防ぐために、薬歴管理とかリスクマネジメントも病院薬剤師に求められます。

このページの先頭へ