イメージ画像

薬剤師の求人倍率はどの程度?

この数年、日本国内では深刻な薬剤師不足が問題となっており、各企業や
薬局などで、新卒薬剤師の獲得競争が起きているとも言われています。

そういった背景があり、現在薬剤師は「売り手市場」と言われ、求人案件も豊富に出されている状態にあります。こういった状況において、薬剤師の求人倍率はどのようになっているのでしょうか?

薬剤師というと、一般的には「高給取り」「年収が高い」といったイメージ
を持たれがちです。確かに、アルバイト・パート待遇の薬剤師の時給は
2000円を超えており、正社員として採用される薬剤師も、他の業種に比べる
と平均賃金は高めです。

この高い時給、比較的高めの年収は、薬剤その需要の多さの反映でもあります。

しかしながら、「需要が高い」「売り手市場」と言われる薬剤師であっても、
実際の求人倍率は3~5倍と想像以上に高く、希望の職場に就職・転職するのは
決して簡単ではありません。

求人数は豊富に用意されているため、条件にこだわらなければ就職は難しく
ありませんが、自分の希望や夢、要望を最優先とするのであれば、
それ相応の苦労が必要。それが薬剤師の転職・就職の現状だと言えるでしょう。

また、薬剤師の求人倍率は、当然ながら需要と供給のバランスによって
大きく異なります。そのため、薬剤師の数がそれなりに多い都市部では
求人倍率が高く、地方に行けば行くほど薬剤師が不足するため、求人倍率が
下がる傾向にあります。

働きやすい地域には人が集まり、地方、特に過疎地で働こうとする人は少ない。
これは、医師や看護師といった他の医療関係業種に見られるのと、
同様の傾向ですね。

現状、薬剤師の求人案件は他の職種と比べると非常に数が多く、いわゆる
「選り好み」が出来る状態となっています。しかし、求人情報が数多く
存在するからこそ、自分の希望や要望に適した求人を見つけ出すのも難しい、
というのも事実です。

特に、都市部で給与・待遇共に優遇される好条件の求人は、情報自体を
見つけることも難しく、応募出来ても競争倍率が高い事が予想されます。なお、比較的転職しやすい先に、OTC薬剤師があります。ご興味のある方は、以下のサイトを参考にしてください。

このページの先頭へ